MOINA バイオサイエンス

偶然に付着したことから発見されたオイルの保湿性。浸透力とすべ感に驚かされました。
2人の科学者と2つの発見(藻類株と成分特徴)により誕生、モイーナ。

原始から未来へ

地球上ではじめて誕生した生物は藻類(ラン藻)。今から30億年前に遡ります。彼らが二酸化炭素(CO2)と太陽光を吸収して生育・進化し、緑豊かな地球が創成されました。
微細藻類は樹木の10倍の効率でCO2を吸収します。
私たちは、GREEN CHEMISTRYの考えに立ち、微細藻類を通して低炭素社会の実現を目指しています。

植物油を超えた理想のオイル

緑藻から抽出した純天然希少オイルは、
バイオサイエンスからたどり着いた新領域。
肌なじみが良い高保湿オイルです。

私たちは未知の種も含めると1000万種を越えるといわれる藻類の中から、微細藻類ボトリオコッカス・ブラウニーを選定し、そこから産出されるオイル「ボトリオコッセン」を保湿成分として配合した化粧品を商品展開しています。
藻類研究と品質保証技術を活かし、最適な生産プロセスを進めています。

CO2+H2O+太陽光
→ ボトリオコッセン+O2

保湿性

多くの藻から抽出されるオイルはオリーブ油やナタネ油と同じ植物油。一方、ボトリオコッセンは炭化水素とよばれ炭素と水素のみで構成されるオイル。化学変換なしでオイルとして使用できます。

ボトリオコッセン化学構造
ボトリオコッセン化学構造

さらにスクワレンとよく似ている化学構造で構成され、保湿を高めます。

ボトリオコッセングラフ

安全性

私たちが製造するボトリオコッセンは、ヒト皮膚に対するアレルギー試験を実施しています。